婚約指輪と結婚指輪を選ぶなら福岡のお店でじっくりと検討を

SITEMAP

wedding ring

結婚指輪にみる経済状況と本音

最近では様々な理由により晩婚化が進んでおります。経済的な理由が大きいでしょうが、最近ではインターネットの発達における情報や身近の夫婦を見て反面教師を感じることが多いようです。それもそのはずで最近では3組に1組は離婚するという高確率なのです。それならば結婚しなくてもいいやとなるのが世の常でしょう。
そして結婚指輪にもその影響は少しずつ及んでいるようです。現在、新婚カップルの3割くらいは結婚指輪を用意しなくなっていっているようです。これもほとんどは経済的な理由であることは明白でしょう。そしてもしかしたら離婚率にも少し影響しているのではないかとも考えられます。離婚率が3組に1組というと約3割となり結婚指輪を用意しないカップルの割合とも重なります。
必ず両方の確率に関係性はないにしろまた多かれ少なかれ費用を抑え挨拶も最低限に済ませた場合はすぐ離婚してもいいかなと思えるのが心理的に納得出来ます。たしかに使ったお金や苦労が少ない分次に行こうと思えるわけですからね。結婚指輪を用意することに関しては現在ではまだ主流の儀式となっておりますがこれからどうなっていくか、経済状況や人々の生活と照らし合わせて様子を伺っていくと面白いかもしれません。

CONTENTS

TOP